ニコラス・ガリツィン出演のおすすめ映画|動画配信で観れる映画まとめ

Nicholas Galitzine俳優別おすすめ映画

こちらではニコラス・ガリツィン(nicholas galitzine)が出演しているおすすめ映画を紹介しています。

ニコラス・ガリツィンは2014年に俳優デビュー。
2021年までに7本の映画に出演していますが、ほとんどの映画は日本未公開となっています。

こちらでは、現在日本で動画配信されている映画について紹介しています。

ハートビート

heart-beat

主演:キーナン・カンパ / ニコラス・ガリツィン
監督:マイケル・ダミアン
上映時間:97分
ジャンル:ドラマ・音楽・ロマンス
製作国:アメリカ・ルーマニア / 製作年:2016年


評価
IMDb   6.4
Filmarks  3.7
映画.com  3.7
Yahoo映画  3.8

見どころ

  • ニコラス・ガリツィンはバイオリン弾きのジョニー役
  • バレエ×Hip Hop×バイオリンが織りなす青春エンターテイメント
  • 主役のルビーを演じるキーナンはアメリカ人で初めてロシアの名門マリインスキー・バレエに入団している
  • ニコラス・ガリツィンはミュージシャンとしても活動している
  • ロンドン、パリ、ロサンゼルス、ニューヨークから集められた、世界最高峰のダンサー62人が圧巻のパフォーマンスを披露

あらすじ

プロのバレエダンサーを目指して田舎からニューヨークにやってきたルビー(キーナン・カンパ)。
ある日、地下鉄の駅でバイオリンを演奏しては生活費を稼いでいるイギリス人青年のジョニー(ニコラス・ガリツィン)と出会う。
お互いの才能を認めあい、2人は徐々に惹かれあっていく。

自分が思い描くようなダンスが出来ないルビーは奨学金資格はく奪の危機に直面。
ジョニーはバイオリンを盗まれた上にグリーンカード詐欺に遭ってしまう。

追い詰められた2人はヒップホップダンスチーム「スイッチ・ステップス」を誘い、互いの夢をかなえるため弦楽器&ダンスコンクールに出場することになるが…。

予告動画

感想

  • 楽しかった〜!弦楽器×ダンス本当に見ていて楽しかって、飽きずに見れました
  • バレエ×ヴァイオリン×ヒップホップダンスが融合した激アツ青春ムービー。
    ダンサーは本物ばかりなので、とにかく見応えしかない!
    音楽も多彩でかっこよくて、見目麗しいキャストたちが皆輝いている!
  • 夢に向かって頑張る姿は観てるこっちまでも勇気と希望をもらえるから良い

映画を視聴する

U-NEXTで観る

 

ぼくたちのチーム

bokutatino.team

主演:フィオン・オシェイ / ニコラス・ガリツィン
監督:ジョン・バトラー
上映時間:94分
ジャンル:LGBTQ・コメディー
製作国:アイルランド / 製作年:2016年


評価
IMDb   7.1
Filmarks  3.7

見どころ

  • ニコラス・ガリツィンはラグビーのスター選手・コナー役
  • ニコラス・ガリツィンは実際にプロのラグビー選手を志していたが、ケガのため断念した
  • セクシャルマイノリティに悩む少年の友情を描いている
  • 映画を効果的に彩るUK ROCK(BRIT POP)がたくさん使われている

あらすじ

ネッド(フィオン・オシェイ)は再婚した父親の都合でラグビー強豪校の寄宿制男子校に編入させられる。
ラグビーとは無縁のヒヨワなネッドはゲイと疑われいじめられていた。

 そんなある日、ラグビーのスター選手であるコナー(ニコラス・ガリツィン)が転校してくる。
相部屋となったネッドとコナーはお互いにルームメイトの変更を望んだが、音楽を通して次第に友情を深めていく。

新任の国語教師シェリー(アンドリュー・スコット)の提案で二人はコンテストで弾き語りをすることになるが、ネッドはある夜、街中でコナーの姿を見つける。

予告動画

感想

  • LGBTがテーマの作品と知らずに観たけど、イジメやマイノリティの悩みに触れつつも、割と体育会的なノリで爽やかに終わったので全体的に観やすかった。
  • 学生服姿で、もの思いに沈む憂いある彼。 
    格闘技さながら鍛え上げた肉体で、フィールドを駆け巡る彼。
    ニコラス・ガリツィンの静と動のギャップがたまらなく良い作品でした。
  • 全体的にコメディタッチな描写がシンプルに面白くてめちゃくちゃ笑ってしまった

映画を視聴する

Netflixで観る

ザ・クラフト:レガシー

craft

主演:ケイリー・スピーニー   / ギデオン・アドロン
監督:ゾーイ・リスター=ジョーンズ    
上映時間:94分
ジャンル:ファンタジー・ホラー
製作国:アメリカ / 製作年:2020年


評価
IMDb   4.4
Filmarks  3.0

見どころ

  • ニコラス・ガリツィンは女子高生のクラスメイト・ティミー役
  • カルト映画「ザ・クラフト」(1996)のリブート/続編
  • 女子高生たちの個性的なゴス系ファッションが可愛い
  • 現代的なフェミニズムやセクシャリティも描いている

あらすじ

黒魔術にハマるカースト下位の女子高生3人が、新しいメンバーを迎え入れることで魔力に目覚める。

人間関係、セクシュアリティ、肌の色、見た目へのコンプレックス等、それぞれコンプレックスをもつ主人公たちが、黒魔術を通じて悩みを解決しようとする。

うだつの上がらない学園生活が一変、と思っていた矢先に事態は4人の思いもしなかった方向に転がっていく。

予告動画

感想

  • ホラーではない。スーパーパワーと仲間と多様性とガールズパワー。主人公の女の子がめちゃくちゃ可愛いし、4人組の女の子のキャラクターやファッションも今時で可愛い。ニコラス・ガリツィンは坊主でも悪い顔でもかっこよい。
  • ホラー/スリラー映画だと思って観たらティーンドラマだった。
  • ホラーを見たくて見たから思ってたのと少し違ってたけど普通におもしろかった

映画を視聴する

U-NEXTで観る

Amazon primeで観る

 

シンデレラ

Cinderella

主演:カミラ・カベロ / ニコラス・ガリツィン
監督:ケイ・キャノン
上映時間:112分
ジャンル:ファンタジー・コメディー
製作国:イギリス・アメリカ / 製作年:2021年


評価
IMDb   4.2
Filmarks  3.8
映画.com  3.3

見どころ

  • ニコラス・ガリツィンはロバート王子役
  • 従来のシンデレラとはひと味違う、野心に満ちたヒロインとして描かれている
  • 「ラ・ラ・ランド」や「グレイテスト・ショーマン」のような奇跡と感動のミュージカル
  • 衣装や美術は超がつくほどキレイで荘厳!

あらすじ

大きな夢を抱く野心家のヒロイン(カミラ・カベロ)が、ファビュラス・ゴッドマザーの魔法の力を借りて、夢を実現させようと奮闘する姿を描く。

予告動画

感想

  • 今までにない現代風のシンデレラ🏳️‍🌈
    いろんな性があって、曲のジャンルも豊富で見てて楽しかった
  • カミラカベロを堪能できるだけではなくメッセージ性も芸術性も高くて歌もダンスもお衣装も素晴らしかった
  • ラップ良かった!
    ダンス、歌、ドレスとても素敵だった。
    シンデラの基本的な物はあるけど全く違う物だったけれど楽しかった。

映画を視聴する

Amazon primeで観る

プロフィール

Nicholas Galitzine

ニコラス・ガリツィン (Nicholas Galitzine)

  • 生年月日 : 1994年9月29日
  • 出生地 : イギリス ロンドン
  • 身長 : 183cm

 

タイトルとURLをコピーしました