感動作!映画リメンバーミーのあらすじとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ご先祖様からつながる家族のキズナを描き、大人をも泣かせる感動作「リメンバーミー」。

普段はアニメーション作品を敬遠される方でも、「リメンバーミー」はストーリーがよくできているので十分楽しめる映画だと思います。

こころをほっこりさせたい時にはオススメの映画です。

こちらでは

  • リメンバーミーのあらすじ
  • キャストやスタッフ
  • リメンバーミーの製作裏話
  • ピクサー映画恒例の隠れキャラ発表

などについて書いています。

製作裏話や映画の中で登場する隠れキャラを知ったうえで、もう一度「リメンバーミー」を見るのも楽しいですよ。

リメンバーミーのあらすじ


メキシコにある町、サンタ・セシリアで暮らす12歳の少年ミゲル。

ミゲルは音楽が大好きな少年で、将来はサンタ・セシリア出身の伝説のスーパースター・デラクルスのようなミュージシャンになることを夢見ていた。

しかし、ミゲルの家庭では音楽を奏でることも聞くことすら厳しく禁じられているのだった。

音楽禁止の理由は、ミゲルのひいひいおじいちゃんが家庭よりも音楽を選び、家族を捨てたため。

ひいひいおばあちゃんのイメルダは音楽を演奏することも聞くことも禁止にしてしまう。

旦那が家を捨てた後、一人娘のココを育てるために、イメルダは靴の製造業で家計を支えるようになる。

それ以後、ミゲルの家庭では代々、家族での靴の製造と音楽禁止がルールになるのだった。

それでもデラクルスのようなミュージシャンになることに憧れるミゲルは、家族の目を盗んではギターの練習にはげみ、ギターの才能を開花させる。

やがてメキシコに、先祖の魂を迎える年に一度のお祭り「死者の日」がやってくる。

「死者の日」にはサンタ・セシリアの広場で音楽コンテストが開催されるのだった。

ミゲルは家族に隠れて音楽コンテストに出場しようとするのだが、「音楽禁止」の掟に厳しいエレナおばあちゃんに見つかり、大事なギターを壊されてしまう。

楽器を持っていないとコンテストには参加させてもらえず、どうしようかとミゲルは頭を悩ませる。

その時、ミゲルはデラクルスのお墓にギターが置かれていたことを思い出し、コンテストが終わるまでの間、ギターを借りようとするのでした。

デラクルスのお墓に忍び込んだミゲルはギターを手に取り、一弾きしてみると、不思議なことがおこる。

ミゲルの目の前に広がるのは「死者の国」、そこはガイコツたちが暮らす巨大な町。

ミゲルにはガイコツたちの姿が見えるようになるのだが、さっきまでいた現実世界の人たちからミゲルの姿は見えなくなってしまう。

「死者の国」では日の出までに「元の国」にもどらないと体が消えてしまうというルールがあるのでした。

ミゲルは「元の国」にもどるために、「死者の国」で出会ったガイコツのヘクターのちからを借りながら、冒険に出るのだった・・・

 

リメンバーミーのスタッフ

監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ
製作:ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮:ジョン・ラセター
脚本:エイドリアン・モリーナ、マシュー・アルドリッチ
音楽:マイケル・ジアッキーノ
楽曲:クリステン・アンダーソン=ロペス、ロバート・ロペス

  • 監督は「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチ
  • 主題歌「リメンバーミー」を作曲したロペス夫婦は「アナと雪の女王」の主題歌「レット・イット・ゴー」の作者でもあります
  • 本作は第90回アカデミー賞で、長編アニメーション賞と主題歌賞の2部門にノミネートされ、見事2部門のオスカーを受賞しています

 

オリジナル版の声優

ミゲル:アンソニー・ゴンザレス
ヘクター:ガエル・ガルシア・ベルナル
エルネスト・デラクルス:ベンジャミン・ブラット
ママ・イメルダ:アラナ・ユーバック
おばあちゃん:レニー・ヴィクター
お父さん:ハイメ・カミーユ
パパ・フリオ:アルフォンソ・アラウ
オスカル/フェリペ:ハーバート・シグエンサ
事務官:ガブリエル・イグレシアス
広場のマリアッチ/グスタヴォ:ロンバルド・ボイアー
ママ・ココ:アナ・オフェリア・ムルギア
フリーダ・カーロ:ナタリア・コルドバ=バックリー

 

日本版の声優

ミゲル:石橋陽彩
ヘクター:藤木直人
エルネスト・デラクルス:橋本さとし
ママ・イメルダ:松雪泰子
おばあちゃん:磯辺万沙子
お父さん:横山だいすけ
パパ・フリオ:多田野曜平
オスカル/フェリペ:佐々木睦
事務官:チョー
広場のマリアッチ/グスタヴォ:坂口候一
ママ・ココ:大方斐紗子
フリーダ・カーロ:渡辺直美

日本版エンドソングの「リメンバー・ミー」はシシド・カフカ feat.東京スカパラダイスオーケストラが担当しています。

関連記事
→日本版キャストの裏話と評価は?

 

リメンバーミーの製作裏話

日本版は原題とタイトルが違う


映画の原題は「coco」。

主人公ミゲルのひいおばあちゃんの名前が原題となっています。

一方の日本版タイトルは「リメンバーミー」。

「リメンバーミー」は伝説のミュージシャン・デラクルスの代表曲であり、ミゲルの大好きな曲のタイトル。

そして「リメンバーミー」は物語の中で、家族の秘密のカギをにぎる重要な曲です。

監督は変更された日本版タイトルについて

日本でのタイトルは『リメンバー・ミー』。なぜなら、それは作品の重要なテーマだからだよ。

本作は、すでに亡くなって、もう僕たちのそばにいない人たちを“覚えている”がすごく重要だということを描いているんだ。家族を覚えておくということだけではなくて、亡くなったご先祖の話を後の世代へ伝えていくことを通して、彼らの思い出を生かし続けるというこの作品のテーマが、日本のタイトルに込められているよ

と語っています。

引用 『Coco』の邦題、なぜ『リメンバー・ミー』

 

死者の日を徹底リサーチ

物語のベースとなっているのが、10月31日から11月2日の3日間おこなわれるメキシコの伝統行事「死者の日」。

メキシコの死者の日は、日本のお盆と同じく、亡くなったご先祖様をお迎えする日。

アメリカにはなじみのない文化だったため、リー・アンクリッチ監督は3年にわたってメキシコ各地の墓地や美術館などを訪れ、徹底してリーサーチをしたそうです。

 

ストーリーを作り直した

製作陣がはじめに考えていたのは、主人公の少年が人を亡くした悲しみにどう向き合い、その悲しみをどう乗り越えるか、というストーリーだったそうです。

しかし、監督が死者の日についてリサーチするうちに、メキシコでは亡くなった家族と会えることを喜び、たのしくお祝いするのが死者の日だと理解したそうです。

そこで、当初考えていた「死をどう扱うか」ではなく「人生や家族についてのストーリーを大事にする」という方向にテーマを変え、今まで作り上げていたストーリーを捨てて、新しいストーリーを作り直しました。

 

参考にした映画は?


リメンバーミーでは、主人公のミゲルはミュージシャンになりたいという夢をもっています。

しかし、家族内には「音楽禁止」というルールがあるため、ミゲルは家族に見つからないように好きなギターの練習を隠れておこなう。

自分の夢と家族のルールの間で揺れ動く少年を描くにあたり、ミゲルと同じような境遇の少年を描いた映画「リトル・ダンサー」を参考にしたそうです。

 

のら犬ダンテのモデルは?


ミゲルのそばについて行動をともにし、活躍するのら犬のダンテ。

ダンテの犬種はメキシカン・ヘアレスドッグ(ショロ犬)という設定。

メキシコでショロ犬は「亡くなった人をあの世に導く」存在として考えられているそうです。

 

死者の国のモデルは?


死者の国のモデルは、ユネスコの世界文化遺産「メキシコの州都グアナファト」です。

いろとりどりの町として描かれていた「死者の国」は世界遺産をモデルにしていたんですね。


リメンバーミーで描かれる死者の国はとにかくカラフルできれい。

日本人で死者の国をイメージする時、こんなにカラフルな世界を想像する人は少ないのではないでしょうか。

カラフルな街並みに交通手段としてゴンドラやトロリーがあるなんて、「死者の国」はどこかのテーマパークのようですね。

 

オレンジ色の橋の意味は?


死者の国にかかっているオレンジ色の橋。

オレンジ色の橋は、マリーゴールドの花びらで作られた死者の国へと続く橋を意味しています。

メキシコでは「死者の日」に亡くなった人の魂が道に迷わないように、色と香りが強いマリーゴールドの花びらが道しるべとして使われるのだそうです。

 

リメンバーミーの隠れキャラ

  • ミゲルの自宅の祭壇に、『ファインディング・ニモ』のニモの置物が置いてある。
  • ミゲルが窓から外を眺めているシーン、『Mr.インクレディブル』以外のピクサー作品全てに登場するピザ・プラネットの配達トラックが窓の外を通過する。
  • ミゲルが靴磨きに行く際に通過する建物の柱に、『トイ・ストーリー』のウッディとバズや『モンスターズ・インク』のマイクの人形が掛かっている。
  • ミゲルが靴磨きに行く際に通過するアレブリヘ売り場の中に、『ファインディング・ニモ』のニモとドリーのアレブリヘがある。
  • 家族再会の案内所のドアに、ピクサー作品全てに登場するA113という文字が書かれている。
  • ミゲルがフリーダ・カーロと出会うシーン直前、『ルクソーJr.』のゴムボールが一瞬だけ登場する。
  • 死者の国でのコンサートシーン、壁に『インクレディブル・ファミリー』のポスターが貼られている。なお、ポスターに写っているキャラクターは本来の人間の姿ではなく骸骨の姿となっている。
  • コンサートでドラムを披露する骸骨が来ているTシャツは、『トイ・ストーリー』のシドが来ているTシャツと同じものである。
  • フリーダ・カーロやエル・サント、マリア・フェリックスなど、本作ではメキシコの著名人が多数登場している。

引用 wikipedia

 

リメンバーミーが無料で見れるチャンス


映画「リメンバーミー」のフル動画を無料で見る方法があります。

わたしも利用しているU-NEXTという国内最大手の動画配信サイトがあります。

そのU-NEXTでは現在、無料体験キャンペーンを開催中。

キャンペーンに参加すれば「リメンバーミー」のフル動画を無料で見ることができます。

「リメンバーミー」は日本語字幕版と日本語吹き替え版の両方がありますよ。

→「リメンバーミー」を無料で見る方法はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© wonderful today , 2018 All Rights Reserved.