リメンバーミー声優@日本語吹き替えキャスト裏話!声優の評価は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらでは

  • リメンバーミーのキャラクター紹介
  • 日本語吹き替え版の声優さんたちの紹介
  • 日本版声優の裏話
  • 日本版声優のネットでの評価

などについてまとめています。

リメンバーミーでは吹き替えのセリフでの演技だけでなく、登場人物に合わせて歌うシーンもあり、声優さんたちも苦労したようです。

声優さんたちの苦労や意気込みがうかがえるコメントも集めてあるので、最後まで読んでいただけるとうれしいです。

リメンバーミー日本語吹き替え版の声優

リメンバーミーの主要キャラクターと日本語吹き替え版をつとめた声優を紹介します。

ミゲル

ミゲルは音楽が好きな心優しい少年。

ギターの才能があり、将来はミュージシャンとして活躍したいと夢見ている。

しかし、ミゲルの家は代々にわたって音楽禁止。

ミゲルのひいひいおばあちゃんイメルダが音楽を演奏することも聴くことも禁止していた。

それでもミゲルは音楽に対する情熱を持ち続け、ミュージシャンを目指す。

ある日、ミゲルはひょんなことから「死者の国」に迷い込んでしまう。

「死者の国」から「元の世界」にもどるため、ミュージシャンになる夢を叶えるために、ミゲルは「死者の国」で出会ったガイコツのヘクターを仲間に、不思議な冒険をするのだった。


ミゲル役の声優:石橋陽彩

石橋陽彩(いしばし ひいろ)くんは小さい頃から歌が好きだったそうで、4歳から歌とダンスを始めたそうです。

小さい頃から歌が好きなところは、演じたミゲルと同じですね。

石橋くんは自分とミゲルの共通点を感じていたようで

僕もミゲルも歌が大好きでミュージシャンになりたいという思いが一緒なので、演じやすかったです。それに普段から歌うことが大好きなので、とても楽しんでできました。

石橋陽彩くんは声優として初めての仕事が、今作の「リメンバーミー」だったそうです。

いきなりの大きな作品への抜擢にプレッシャーもあったみたいですよ。

声優初挑戦だったので、最初は緊張と不安でいっぱいでした。でも練習を重ねるうちに、ミゲルに近づいて演じることができました。

ミゲル役の吹き替えをしていた時、石橋陽彩くんは13歳。

ちょうど声変わりの時期とも重なったそうです。

長い期間で収録していたんですけど、夏休みを挟んでから録った時に声変わりもあって、声が低くなっていたので高音を出すというのが大変でした。休み明けに「大人っぽくなったね、1カ月で変わるもんなんだね」って言われました。

「リメンバーミー」では石橋陽彩くんの歌声も大きな話題となりました。


映画の中で透き通った歌声を披露し、石橋くんの歌に感動した人も多かったと思います。

それもそのはず、石橋陽彩くんの歌の実力は以前からテレビのコンテスト番組では知られていたんですね。

2015年にはエイベックス主催のオーディション『キラチャレ』で歌部門のグランプリを受賞。

TBSのコンテスト番組『Sing!Sing!Sing!世紀の歌声生バトル 日本一の歌王決定戦』でもジュニア部門グランプリを獲得。

テレビ東京『THE カラオケ★バトル』でも出演回数を重ね、“天才歌うま少年”として話題になっていました。

共演した松雪泰子さんも石橋くんの歌声について

聞くだけで涙が出てくるようなピュアな声で、本当に素敵だなって思いました。
と感想を述べていました。

 

ヘクター

ヘクターは「死者の国」で暮らす、一見お調子者のガイコツ。

「死者の国」で暮らすガイコツには、元の世界で暮らす家族に忘れられてしまうと「死者の国」からも永遠に消えてしまうルールがあるのだった。

ヘクターは「死者の国」で出会ったミゲルをサポートし、冒険の相棒にもなってくれる人情味がある男。

ヘクターには“ある願い”があり、その願いを叶えるため、ミゲルに協力してほしいと考えているのだった。


ヘクター役の声優:藤木直人

藤木直人さんは多数のドラマや映画に出演されているほか、ミュージシャンとしても活動されています。

声優をつとめるのは2013年公開の映画「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影」で演じたオモカゲ以来の2度目。

今回、藤木さんは「どうせ受からないだろう」と思いながら、ヘクター役のオーディションに参加したそうです。

オーディションは実際のワンシーンを演じながら、吹き替えをしたそうで

へクターの口の動きに合わせて台詞を喋るというのは、台本も見ながら、画面も見ながらで、すごく時間が掛かって大変だったんですよ
オーディションの吹き替えに苦労した藤木さんは、ヘクター役に決まったことについて嬉しい反面

あの作業が全編に渡ってあるんだと思うと、ちょっと気が遠くなりましたね

相当オーディションの段階で、藤木さんは苦労されたようですね。

普段からドラマや映画で俳優として活躍されている藤木さんは、ヘクターの役作りに関してはあまり苦労しなかったそうですが

ドラマとだと少し台詞が違っても、意味が変わらなければいいというところがありますが、少しでも言い間違えるとだめなので、台詞を覚えた気でいても、やはり台本で確認ながら行うという作業が大変でした

ヘクターの吹き替えは普段の俳優業とは異なることがあったようで、藤木さんの苦労がわかるコメントですね。

「リメンバーミー」の中では、ミゲル役の石橋くんとヘクター役の藤木さんが「ウン・ポコ・ロコ」をデュエットするシーンがあります。


「ウン・ポコ・ロコ」をデュエットするシーンにも苦労したようで

向こうの役者さんに合わせたキーなので、僕にとってはとても低くて、一番下の音は出ないくらいのキーだったのですが、『キーはずらせません!』と言われて大変でした
吹き替えに歌にと、藤木さんは大変だったようですね。

映画「リメンバーミー」の大きなテーマのひとつが“家族との繋がり”。

実生活で3人の子供を持つ藤木さんは“家族との繋がり”について聞かれると

メキシコの死者の日には、(祭壇に)死者の写真を飾るんですが、僕もアフレコに臨む時は子どもたちの写真を飾ってました。セリフの秒数が決まっていて、とても根気のいる作業で心が折れそうになったんですけど、楽しみに待っている子どもたちのことを思うと頑張れましたね

子供の写真を見ながら、吹き替えに挑んだエピソードを披露していました。

 

イメルダ

イメルダはミゲルにとって、ひいひいおばあちゃん。

イメルダは強くて勇敢な女性で、家族代々のリーダー的存在。

その昔、イメルダの身に起こったある悲しい出来事をきっかけに、イメルダは家族に音楽を演奏することも聞くことも禁止してしまう。

まだ小さかった一人娘のココを育てて行くために、イメルダは靴作りをはじめる。

それ以後、イメルダの家族や子孫は靴作りと音楽禁止を守り続けるのだった。

ある日、偶然に「死者の国」に迷い込んできた子孫のミゲルを心配し、行方を追う。


イメルダ役の声優:松雪泰子

松雪泰子さんは多数のドラマや映画に出演されており、2006年には映画「フラガール」で日本アカデミー賞 優秀主演女優賞、2008年には映画「デトロイト・メタル・シティ」と「疑者Xの献身」の2作で日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞しています。

声優としては、映画「それいけ!アンパンマン すくえ! ココリンと奇跡の星」でココリン役を演じ、2012年にはハリウッド映画「ボーン・レガシー」でマルタ・シェアリング医師役として吹き替えをされています。

アニメやハリウッド映画の吹き替えは経験済みの松雪さんですが、ディズニー映画の吹き替えは初めてでした。

家族に音楽を禁じたはずのイメルダが、「死者の国」に迷い込んだ子孫のミゲルを心配して、歌うシーンがありました。


松雪さんは、
メキシコの民謡を歌うってことが人生で初めてだったので、抑揚を捉えるのがすごく難しかったです。そしてそれを日本語で、かつ原曲が持つ空気感や音圧、またイメルダが歌うということを落とし込むのに苦労しましたね。

なので、練習を重ねた上で何度もリハーサルして臨みました。ただ、監督からは「きれいに音階を追い過ぎてしまうと、ダイナミックさがなくなってしまうのでエネルギーを感じるように」って言われていたので、最終的には自由に歌ってワンテイクで録りました。

人生で初めて歌うメキシコの民謡に苦労されたそうですが、ミゲルのことを思うイメルダの情感たっぷりの歌を松雪さんは聞かせてくれましたね。

作品のテーマである“家族との繋がり”について聞かれると

食卓を囲んでいる時は家族の繋がりを感じますし、自宅や実家にもたくさん家族の写真を飾ってるんですけど、それを見ながら「元気かなぁ・・・」って思っている時にメールが届いたりすると、やっぱり繋がってるなと思いますね
松雪さんの家族思いな一面がうかがえる話をされていました。

 

デラクルス

デラクルスはミゲルが暮らす町出身の伝説的なミュージシャン。

生前の活躍と早すぎる悲劇的な死により、伝説となったデラクルスを尊敬するたくさんのミュージシャンが、ミゲルの暮らす町に全国各地から訪れ、町にはいつも音楽があふれていた。

デラクルスは「死者の国」で暮らすようになっても、いまだにカリスマミュージシャンとして存在するのだった。

デラクルス生前の代表曲「リメンバー・ミー」はミゲルが大好きな一曲。


デラクルス役の声優:橋本さとし

橋本さとしさんは古田新太さんが所属している劇団☆新感線の出身で、ドラマや映画、舞台にと活躍されています。

声優としてもアニメ「トランスフォーマー」やドラマ「アリー my Love」、ゲーム「餓狼伝説シリーズ」など多くの仕事をされています。


「リメンバー・ミー」の中で、橋本さんはデラクルスになりきりゴージャスな歌声を披露していましたね。

 

エレナ

エレナはミゲルのおばあちゃん。

大家族をまとめ、家族の中でいちばんの力を持つエレナ。

エレナは孫のミゲルが可愛くて仕方がなく、大事な家族を守るためなら何でもする性格の激しさと深い愛情を持ち合わせているのだった。

先祖のイメルダを悲しませた音楽を嫌悪し、「音楽禁止」という家族のルールをこれからの子孫にも守らせることに使命を感じている。


エレナ役の声優:磯辺万沙子

磯辺万沙子さんは劇団昴に所属されており、ドラマや演劇で活躍されています。

磯辺万沙子さんは今まで多くのアニメの声優や海外映画の吹き替えをされています。

アニメだと「ドラえもん」、「キャプテン翼J」、「名探偵コナン」など。

海外映画の吹き替えでは「バットマン」、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」、「フォレスト・ガンプ/一期一会」など。

 

ココ

ココは100歳近いミゲルのひいおばあちゃん。

ココはもうほとんど喋ることもなく、記憶もなくなりかけているけれど、家族のみんなから愛され、穏やかに日々を暮らしている。

ココのことが大好きなミゲルは、ココの反応が何もなくても、毎日いろいろなことを楽しく話しかけるのだった。


ココ役の声優:大方斐紗子

大方斐紗子さんはドラマや映画、演劇と活躍されています。

NHK朝ドラにもたびたび出演されおり、「あまちゃん」では鈴木のばっぱ役、「ひよっこ」では澄子のおばあちゃん役、「半分、青い。」では100円ショップ大納言の常連客しののめのおばあちゃん役で出演されています。

今までも、「母をたずねて三千里」などのアニメの声優や、「アラバマ物語」など海外映画の吹き替えなどの仕事をされいます。

 

ダンテ

ダンテはミゲルの側にいつも一緒にいる、人懐っこい元気なノラ犬。

ミゲルのこともミゲルの弾くギターも大好きなダンテは、ミゲルが「死者の国」に迷い込んだときも一緒について行く。

そんなダンテはミゲルが冒険するときに、信じられないくらいの大活躍をする。

犬種は、メキシコ原産のメキシカン・ヘアレスドッグ(通称ショロ犬)。

 

その他の声優

「リメンバーミー」はその他の声優も豪華です。

ミゲルのお父さん・エンリケの吹き替えは、NHK「おかあさんといっしょ」のうたのお兄さんとして活躍した横山だいすけさん。

実在したメキシコが生んだ世界的に有名な画家フリーダ・カーロをインスタの女王・渡辺直美。

「死者の国」でミゲルが出場する歌のコンテストで、ミゲルのライバル“ロス・チャチャラコス”のメンバーとしてシシド・カフカさんと東京スカパラライスオーケストラのドラマー茂木欣一さん。

参考記事
松雪泰子も絶賛!石橋陽彩の歌声は「聞くだけで涙が出てくるようなピュアな声」
松雪泰子、食卓を囲んでいる時に家族の繋がりを実感

 

リメンバーミー日本版声優の評価は?


リメンバーミー日本版の声優による吹き替えは、わたしはすごく良かったと思います。

声優としての演技も良かったですが、日本語で歌われる歌が素晴らしかったです。

「リメンバーミー」の中では、歌がとても大きな役割をもっています。

肝心の歌を、歌唱力のない人が歌ってしまうと「リメンバーミー」のような映画の場合、作品が台無しになってしまいます。

しかし、日本版の声優さんはミゲルを演じた石橋くんをはじめ、みなさんの歌が素晴らしく感動しました。

ネットで日本版声優の評価を読んでも、高評価の意見が多いです。

  • 吹き替えってガッカリすること多いけど、これは本当に素敵だった
  • 吹替え観たけど良かったわー
  • 藤木直人ってあんなイケボだったとは再発見
  • 藤木直人を始め声優陣の評判すごくいいね!
  • 日本版声優に全く違和感がなく、ヘクターの声が藤木直人だったのに驚いた
  • 藤木直人さんはマジでプロの声優さんでも敵わないレベルではまり役
  • 石橋君は初声優と聞いて度肝を抜かれる
  • 石橋君の演技力の高さとズバ抜けた歌唱力! 吹替版で観て良かったと心の底から思えた
  • 石橋君は心に刺さる歌声と演技力がすごい
  • オリジナルの英語版の声優の子と石橋くん声がすごーく似てて雰囲気そのまま!
  • 声優かと思ったら松雪泰子だったなんて、、すごい
  • 松雪泰子、声優も歌も上手で、映画観ていて全く違和感無かった。もう一度観たいわ。
  • ほんまに松雪泰子?!めちゃくちゃ上手いやん!

参考記事
藤木直人の演技に称賛の声集まる!演技力がすごいシーン映像を公開

 

まとめ

リメンバーミー日本語の吹き替えをした声優さんと評価についてまとめました。

リメンバーミー日本語版は、声優さんたちの吹き替えの演技も歌もすばらしいので、ぜひ本家のアメリカ版と見比べてみるとおもしろいと思います。

無料で「リメンバーミー」を見る方法

映画「リメンバーミー」のフル動画を無料で見る方法があります。

わたしも利用しているU-NEXTという国内最大手の動画配信サイトがあります。

そのU-NEXTでは現在、無料体験キャンペーンを開催中。

キャンペーンに参加すれば「リメンバーミー」のフル動画を無料で見ることができます。

「リメンバーミー」は日本語字幕版と日本語吹き替え版の両方がありますよ。

→「リメンバーミー」を無料で見る方法はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© wonderful today , 2018 All Rights Reserved.