陸王・こはぜ屋のモデル企業・きねや足袋と足袋シューズ・無敵を調査!

      2017/10/30

ドラマ「陸王」で役所広司さん演じる社長が経営する「こはぜ屋」と「ランニング足袋シューズ」のモデルになった「きねや足袋」と「無敵」ついて調査しました。

 

モデルとなった足袋型スニーカーの値段や評判・口コミについてもお知らせします。

スポンサーリンク

こはぜ屋のモデル企業・きねや足袋とは?

 

ドラマ「陸王」で役所広司さん演じる宮沢紘一が四代目社長として経営する、埼玉県行田市にある100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」。

 

「こはぜ屋」のモデルとなった企業が、こはぜ屋と同じ埼玉県行田市にある「きねや足袋」です。

 

とは言っても、ドラマの原作小説を書いた池井戸潤さんは特定の人物やモノをモデルにして小説は書かないそうなので、「陸王」の物語は「きねや足袋」に関する物語ではありません。

 

 

しかし、池井戸さんは「陸王」を執筆の際は「きねや足袋」に取材に訪れたそうなので、物語の中で「こはぜ屋」を描く時には「きねや足袋」を参考に書かれているのかもしれませんね。

 

「きねや足袋」は1929年に埼玉県行田市で創業されています。創業からすでに90年近く経っていますが、行田市の足袋業者としては比較的新しい会社ということなので、ドラマの「こはぜ屋」のように100年以上も続く足袋業者があるとは驚きです。

 

ドラマの中で「こはぜ屋」の従業員は20名ほどでしたが、「きねや足袋」は従業員35名で足袋を縫う縫製課で働く女性は現在10名で、“ミシン・道具・人”に優しい行田足袋作りをモットーに、耐久性やシルエット、縫い上がりを追求し、足を包み込むようなふっくらとした履き心地の製品を作っているそうです。

 

また、「きねや足袋」はドラマの中で使われている古いミシンや縫製の技術指導をするなど、撮影に全面協力しています。

 

下の動画で「きねや足袋」の丁寧で早い作業風景を見ることができます。

 

 

こはぜ屋の足袋シューズのモデルとは?

「陸王」を執筆する際に、原作者の池井戸潤さんが取材した「きねや足袋」では長年に渡って培ってきた足袋作りの技術を生かして、2013年に「きねや無敵」というランニング足袋を発売しました。

 

ランニング足袋「きねや無敵」の値段は5,000円(税抜き)で、男性用・女性用とシューズのサイズも豊富に用意されており、カラーバリエーションもあります。

 

ランニング足袋「きねや無敵」が、ドラマでこはぜ屋が開発する足袋シューズ「陸王」のモデルになっていると思っている人は多いのですが、きねや足袋の公式HPには、「小説やドラマの”陸王”に登場するシューズは”ランニング足袋 きねや無敵”をモデルとしたものではありません」と書いてあります。

 

それでも、「きねや無敵」も「陸王」どちらのシューズも開発コンセプトが、「裸足に近いシューズ」です。

 

しかも、池井戸さんが「きねや足袋」を取材に来た時、ちょうどランニング足袋の「きねや無敵」を開発中だったので、きっと足袋シューズ「陸王」の参考にしているのではないでしょうか。

 

 

きねや足袋のランニング足袋「きねや無敵」は、伝統的な製法で仕上げた足袋そのものに、柔らかくグリップ力の高い薄さ5mmの天然ゴムソールを手縫いで縫い付けた新しいタイプの履物。

 

「きねや無敵」はソール(靴底)にクッションなどの保護剤を使用しない“裸足感覚”を追求したシューズになっており、履いて走るとかかと着地でなく人間本来のつま先からの着地になるそうです。

 

ツイッターで「きねや無敵」利用者の感想をチェックすると・・・

 


こちらの動画では「きねや無敵」を詳しく説明されています。

 

楽天で販売している「きぬや無敵」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[無敵]MUTEKI 【ランニング足袋】自然体ランニングシューズ
価格:5398円(税込、送料無料) (2017/10/29時点)

 

 

 

こはぜ屋が「陸王」を思いついたシューズとは?

 

ドラマの中で「こはぜ屋」の社長・宮沢紘一(役所広司)は、銀行に融資の相談に行った時に銀行員・坂本太郎(風間俊介)から会社の売り上げを上げるために、足袋以外の商品を開発したらどうかとアドバイスされ、何かないかと考え始めます。

 

そんな時、娘から頼まれていたスニーカーを買うためにスポーツ用品店に立ち寄ります。そこで
「こはぜ屋」の社長が偶然にも出会ったのが、つま先が5本指に分かれている不思議なスニーカー・ビブラムの「ファイブフィンガーズ」

 

楽天で販売しているビブラムの正規代理店

 

 

「こはぜ屋」の社長が、5本指に分かれているスニーカーなんて売れるのかと疑っていると、スポーツ用品店の店員は大人気商品だと答える。そこで長年培ってきた「こはぜ屋」の足袋作りの技術を生かした足袋シューズ「陸王」という新商品のアイディアをつかむのでした。

 

ビブラムの「ファイブフィンガーズ」は足の機能を充分に発揮させる、裸足に近いシューズとして開発されているので、足袋シューズ「陸王」のコンセプトとも一緒ですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 2017秋ドラマ, 陸王