相葉雅紀の貴族探偵が織田裕二ドラマと謎解きはディナーのパクり疑惑?

      2017/04/06

相葉雅紀さん主演のドラマ「貴族探偵」が織田裕二さんが主演した「IQ246」、櫻井翔さん主演の「謎解きはディナーの後で」とドラマの設定が似てるので、パクりなのではと話題になっています。

 

「貴族探偵」が、「IQ246」と「謎解きはディナーの後で」のパクりだと、なぜ言われるのか?、本当はどうなのか?をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

ネットで貴族探偵がパクりと話題

 

スポンサーリンク

 

貴族探偵が「織田裕二ドラマ」パクり疑惑の理由は?

ドラマ「IQ246」で、織田裕二さんは天才的な頭脳を武器に難事件を解決していく、由緒正しき貴族の末裔である主人公・法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)を演じていました。

 

相葉雅紀さん主演の「貴族探偵」も主人公が貴族の設定で、ドラマの内容も事件を解決していく推理ミステリー。

 

どちらのドラマも主人公が貴族という同じ設定で、推理ミステリーという同じ内容なので、パクりなのではとうわさをされているようですね。

 

しかし、織田裕二さん主演の「IQ246」の放送は2016年で、「貴族探偵」の原作が出版されたのは2010年なので、「貴族探偵」がパクったということにはなりません。

 

世に出たのは「貴族探偵」のほうが早いので、「IQ246」のほうが推理ミステリーで主人公が貴族という設定のヒントをもらったのかもしれません。

 

そして、織田裕二さん演じる「IQ246」の主人公・法門寺沙羅駆は、貴族でも自分の天才的な頭脳を駆使し、ひとりで事件を解決していきます。

 

しかし、相葉雅紀さん演じる「貴族探偵」の貴族は、自分で事件を推理することはなく、自分の召使い達に推理させ事件を解決していくという設定の違いもあります。

 

貴族探偵が「謎解きはディナーの後で」パクり疑惑の理由は?

2011年に放送された、櫻井翔さん主演のドラマ「謎解きはディナーの後で」を、「貴族探偵」がパクったのでは?とのうわさもあります。

 

「謎解きはディナーの後で」は、北川景子さん演じる財閥令嬢で刑事のお嬢様の推理はほぼ当たらず、執事役の櫻井翔さんが代わりに事件を解決するという話です。

 

やはり、どちらのドラマも主人公と登場人物の設定が、似ているということが「パクり疑惑」のうわさの理由のようです。

 

「謎解きはディナーの後で」の原作小説の出版が2010年9月、「貴族探偵」の原作小説の出版が2010年5月ということで、これも「貴族探偵」がパクっていないということになります。

 

 

織田裕二の「IQ246」にもパクり疑惑?

2016年10月にTBSで放送された「IQ246」で、織田裕二さんが演じた主人公の法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)には、他局のドラマをパクっているところが何箇所かあると話題になっていました。

 

 

独特なしゃべり方は「あのドラマ」のパクり?

「IQ246」で織田裕二さんが主人公を演じセリフを言う際、鼻にかけたような独特な喋り方をしてました。

 

多くの視聴者が、織田裕二さんが演じる法門寺沙羅駆の独特なしゃべり方は、テレビ朝日のドラマ『相棒』で水谷豊さんが演じる杉下右京を「パクっている」のではと話題にしていました。

 

しかし、本当のところ、織田裕二さんは海外ドラマ『名探偵ポワロ』の日本語吹替版の喋り方を意識していたそうです

 

『名探偵ポワロ』の日本語吹替版の喋り方は、水谷豊さんも杉下右京を演じる時に意識していたそうなので、喋り方が似ていても参考にしていたものが同じなので納得ですね。

 

オープニングや物語の展開は「あのドラマ」のパクり?

「IQ246」のオープニング映像や、先に視聴者が犯人が誰か分かっている状態で、主人公が犯人を追いつめていく展開などは、フジテレビの人気ドラマ『古畑任三郎』シリーズのパクりではと話題に。

 

しかし、「IQ246」の主人公の名前が「ほうもんじ・しゃらく」と、シャーロックホームズの名前をもじったことからも分かるように、シャーロックホームズをオマージュした作品であり、同じくシャーロックホームズから強い影響を受けた『古畑任三郎』と似てしまうのは、無理ないのかもしれませんね。

 

まとめ

「IQ246」や「謎解きはディナーの後で」にドラマの設定が似ているので、「パクりドラマなのでは?」と疑惑を持たれてしまった「貴族探偵」。

 

しかし、「貴族探偵」の原作の出版ほうが、どちらのドラマよりも早いので、パクり疑惑の心配はないみたいですね。

 

ドラマ好きな人たちは、いろんなドラマを見て知識があるので、気になってしまったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 未分類