相葉雅紀『貴族探偵』キャストの役どころと相関図(画像あり)を解説!

      2017/03/19

人気ジャニーズグループ嵐の相葉雅紀さんが主演し、キャストも主役級が多く出演することで話題の2017年おすすめ春ドラマ『貴族探偵』。

ジャニーズファンの方の中には相葉雅紀さんのバーターとして、他のジャニーズが出演することを期待されている方もおられると思いますが、今の所は発表がありません。でも、特別出演があるかもしれませんので、期待したいところですね。

今回は、『貴族探偵』に出演される豪華キャストの役どころと、関係をまとめた相関図をお知らせします。

スポンサーリンク

貴族探偵のキャストと役どころ

主人公・貴族探偵役は相葉雅紀さん

2016年の紅白歌合戦で白組司会を人気ジャニーズグループ・嵐としてでなく、ひとりで見事に大役を果たした相葉雅紀さん。

相葉雅紀さんのドラマ出演は、自身が主演を務めて好評をもらった、2015年4月から6月に放送された月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』以来2年ぶりになるそうです。

『ようこそ、わが家へ』では、ストーカーの恐怖と企業の謀略という困難に、家族と共に必死に立ち向かう、温厚で誠実な普通の会社員という役どころでしたが、『貴族探偵』では自分のことを貴族と名乗る正体不明の探偵という役どころです。

貴族探偵は自分で一切の推理することはなく、執事やメイド、運転手に全て推理をまかせるというユニークなキャラクターのようです。

『ようこそ、わが家へ』では最後までストーカーに追い詰められた普通の会社員でしたが、『貴族探偵』では反対に犯人を追い詰める貴族の探偵。

貴族探偵は「美しい女性をもてなすのは貴族のたしなみ」と公言してはばからず、紳士的で何があろうとレディーファーストを大事にする貴族男子という役どころを演じる相葉雅紀さん。

貴族でありながら探偵という人物には、相葉雅紀さんも会ったことがないでしょうから、演じることが難しい役だと思います。

しかも、相葉雅紀さんにとって初の探偵役であり、初の貴族の役ということで、貴族探偵をどんなキャラクターの人物として見せてくれるのか楽しみです。

新米女探偵・高徳愛香役は武井咲さん

武井咲さんの月9出演は2013年10月から12月にかけて放送された『海の上の診療所』に出演して以来4年ぶりになるそうです。

武井咲さんはドラマ『貴族探偵』の中で、新米女探偵の高徳愛香を演じます。

武井咲さんが演じる高徳愛香は、原作の推理小説『貴族探偵』の続編『貴族探偵対女探偵』に登場するキャラクター。

原作での高徳愛香は、優秀で頭も良く、亡き師匠の教えを忠実に守り、真面目に事件の謎に取り組み、推理も論理も素晴らしいのだが、行く先々の事件現場で相葉雅紀さん演じる貴族探偵に出くわし、貴族探偵(の使用人たち)との推理合戦にことごとく敗れる、独立したばかりの新米女探偵として描かれています。

武井咲さんは2016年1月から3月に放送された、人気ジャニーズグループTOKIOの長瀬智也さん主演のフジテレビドラマ『フラジャイル』では新米の病理医を演じて好評でした。今回も職業は違いますが同じ新米という役どころなので、武井咲さんの好演が期待できそうですね。

刑事・鼻形雷雨役は生瀬勝久さん

生瀬勝久さんの月9出演は2014年10月から12月放送の『信長協奏曲』以来3年ぶりとのこと。

生瀬勝久さんが演じるのは、刑事の鼻形雷雨というキャラクターです。生瀬勝久さんの刑事役といえば、テレビ朝日系ドラマ『TRICK』シリーズでの強烈にコミカルなキャラの警部補・矢部謙三を思い出す方も多いのではないでしょうか。

今回、生瀬勝久さんが演じる刑事の鼻形雷雨は、原作の小説には登場しないドラマオリジナルのキャラクターです。

刑事の鼻形雷雨は、上昇思考が強いのだが、現場での経験が少ないという弱点を抱えています。

刑事の鼻形雷雨は、相葉雅紀さん演じる貴族探偵に対抗意識を持っており、「貴族よりも先に謎を解く」という利害が一致し、武井咲さん演じる新米女探偵の高徳愛香と行動を一緒にし、事件の解決にあたるという役どころです。

真面目なキャラからコミカルなキャラまで幅広い役柄を演じることができる生瀬勝久さん。今回のドラマオリジナルの役である鼻形雷雨という刑事をどのように、生瀬勝久さんが表現するのか楽しみなところです。

師匠・喜多見切子役は井川遥さん

井川遥さんの月9出演は明石家さんまさんと木村拓哉さんのダブル主演で大きな話題となった、2002年4月から6月放送のラブサスペンスドラマ『空から降る一億の星』以来15年ぶりとのこと。

今回、井川遥さんが演じるのは喜多見切子という女探偵の役。喜多見切子は武井咲さん演じる新米女探偵の高徳愛香に探偵の基本を教え、高徳愛香が「師匠」と仰ぐ女探偵という設定です。原作の小説では師匠の探偵は男性なのですが、ドラマでは女性に変更されています。

喜多見切子は過去に貴族探偵との推理対決に敗れ、その後謎の死を迎えた…というミステリアスなキャラクターの役どころです。

運転手・佐藤役は滝藤賢一さん

滝藤賢一さんにとっては、今回の貴族探偵が初の月9出演とのことで、とても喜ばれているようです。

滝藤賢一さんが演じるのは、貴族に使える召使いの一人で運転手の佐藤というキャラクター。佐藤は、運転手でありながらも、いざという時には貴族を守るボディーガードも務める役どころです。

今や数多くのドラマに出演する人気個性派俳優の滝藤賢一さん。運転手でありながら、貴族を守るボディーガードにもなるという個性的な召使いの佐藤の活躍も楽しみです。

メイド・田中役は中山美穂さん

中山美穂さんの月9の出演は2002年10月から12月に放送され、主演を務めた『ホーム&アウェイ』以来、実に15年ぶりとのこと。また、中山美穂さんはこれまでに月9で主演を7作も務めた月9の女王でもあります。

今回、中山美穂さんが演じるのは貴族に使える召使いの一人の田中です。

田中は控えめな性格で整理整頓が大好き、紅茶をいれさせたら右に出る者はいないと貴族は賞賛するメイドです。

中山美穂さんにとっては初のメイド役となり、全編を通してメイド服を着用するとのこと。昔からの中山美穂さんのファンにとっては驚きのちょっとした事件です。

執事・山本役は松重豊さん

松重豊さんの月9出演は杏さんと長谷川博己さんが主演を務め、2015年1月から3月に放送された『デート~恋とはどんなものかしら~』以来2年ぶりとなります。

松重豊さんが演じるのは貴族に使える召使いの一人の山本です。山本はいつも冷静沈着で、人に接する物腰が丁寧で礼儀正しく、貴族の手足となる執事というキャラクターです。

松重豊さんは、以前の月9『HERO』でも城西支部の部長検事役で名脇役としてドラマを支える演技が印象的でしたが、今回も貴族を支える演技がドラマをきっと盛り上げてくれると思います。

「謎」役は仲間由紀恵さん

仲間由紀恵さん月9出演は、自身が主演を務めた2004年7月から9月に放送された『東京湾景~Destiny of Love~』以来13年ぶりとなります。

仲間由紀恵さんは「謎」という役どころで出演されます。

「謎」という役は、貴族探偵のどの場面で登場し、どんなことをするキャラクターなのか発表されていません。ドラマの事件の謎解きと一緒に、仲間由紀恵さんが演じる「謎」という役が、どこで登場するのか探すことも、楽しみになりそうです。

 

関連記事

→ドラマ『貴族探偵』のあらすじネタバレ!原作小説との違いを解説!

→相葉雅紀『貴族探偵 公式スポットcm動画』をまとめて高画質で公開中!

貴族探偵の相関図

貴族探偵と貴族を支える3人の召使い(運転手の佐藤、メイドの田中、執事の山本)のチームと、探偵の喜多見切子を師匠と仰ぎ、喜多見切子の遺志を継ぐ新米探偵の高徳愛香と刑事の鼻形雷雨のチームが事件の解決に向け、推理で対決をする相関図みたいですね。仲間由紀恵さん演じる「謎」がどんな役割をし、物語にどんなスパイスを効かせるのか楽しみなところです。

スポンサーリンク

貴族探偵キャストのコメント

相葉雅紀さんコメント

「2年ぶりに、また月曜夜9時に出演させていただくことになり、とても光栄です。今回の僕の役どころは、“貴族”で“探偵”。これまで演じたことのないタイプの役どころですが、この“攻めた”役を楽しめたらと思います!また、僕の演じる貴族の使用人たちは、本当に素晴らしい役者の方々ばかりなので、緊張しますが、今回ばかりは存分に“命令”をさせていただこうかと思います(笑)。月曜夜9時、ぜひ家族そろってご覧ください!」

 

武井咲さんコメント

「本格的なミステリーに加えて貴族探偵という謎の人物。すべてがミステリーになっていて読み応えのある台本でした。そして、その貴族探偵にぶつかっていく女探偵を演じますが、視聴者の方と一緒に推理していく真っ直ぐな彼女と、今まで探偵ものはなかったので役と重ねてわたし自身も、初共演させていただく、貴族探偵を演じる相葉さんに思いっきりぶつかっていきたいと思っています。事件を一緒に推理していく、生瀬さん演じる鼻形さんとのやりとりも、ぜひ楽しみにしていただきたいです。物語はもちろん、人間模様にもミステリーが隠されているのでご期待ください」

 

生瀬勝久さんコメント

「お仕事のお話をいただいた時は、率直に光栄に思いました。そして共演者の方々を知り、楽しみに変わりました。ほとんどの方が旧知の方だったからです。しかも魅力的な方々ばかり。これは、現場に心地好い緊張感があふれるな、気合いを入れなければと気を引き締めました。相葉君とはバラエティーではご一緒したことがありますが、ドラマではほとんど初めてなので、とても楽しみです。武井さんは以前、ドラマでご一緒した時とはまた違った役どころですし、久しぶりの共演でワクワクしております。今持っている全ての力を全て出しきるつもりです」

 

井川遥さんコメント

「とても久しぶりの月9。お話をいただいて楽しいことが生まれそうな印象を受けました。相葉雅紀さん演じる、趣味が探偵という一風変わった男とは対立してきた間柄、今後どのようになっていくのか…また武井さん、生瀬さん、滝藤さん、中山さんと初共演の方が多いのも楽しみのひとつです。仲間さんとは映画『大奥』以来。松重さんだけはもう何度目でしょうか。そして武井さんとは師弟関係であり、でもどこか母なのか姉なのか…という愛情深い部分がコメディの中にふっと垣間見れたらいいなと思います。十数年ぶりの中江功さんの演出作品になりますが、いい緊張感で飛び込めたらと思っています。自由で大胆な切子を楽しみたいと思います。ぜひご覧ください」

 

滝藤賢一さんコメント

「役者という道を歩み20年。この瞬間を夢見ておりました…初めての、月9…フフ。役者ならば誰もが憧れるステージ、月9…フフ。40歳という節目の年、ついに、月9デビュー…フフ。ああ、なんていい響きなのでしょう…“僕もとうとうここまで来たか”と自画自賛、気付けばニヤけている毎日です。感慨深い思いと同時に気合いも十分!テレビに映る相葉雅紀さんを研究、イメージを膨らまし、徐々に役作りを始めておりますが、どんどん相葉さんへの思いが…。フフ。貴族役である相葉さんの運転手としてお仕えさせていただくのが今から楽しみでなりません。ステキな共演者、スタッフの皆様に助けていただきながら、しっかり自分の責任を果たせるよう頑張ります!」

 

中山美穂さんコメント

「まさかのメイドの役を演じることになるなんて、今まで想像したこともありませんでした。これは私にとって素晴らしいサプライズです。相葉さんはじめ、魅力あふれるキャストの方々との共演、『眠れる森』の時の中江監督の演出、全てが楽しみです」

 

松重豊さんコメント

「一度、執事の洋服を着てみたかったです」

引用元 http://www.fujitv.co.jp/kizoku/introduction/

まとめ


主要キャスト8人をみてみると、滝藤賢一さん以外の7人は今までも月9に出演しているんですね。今回の『貴族探偵』は、他のドラマでは主役を務めるような人気、実力派俳優が多数出演するという豪華なドラマということでも大きな話題になっています。

『貴族探偵』は2017年4月にフジテレビの看板ドラマ枠である月9の30周年を飾るドラマということで、人気の推理小説の原作を豪華キャストでドラマ化する、フジテレビの本気度が強く伺える作品になっています。

スポンサーリンク

 - 未分類