ごめん、愛してる韓国ドラマ原作のあらすじ&どんなドラマか解説!

   

人気の韓国ドラマ「ごめん、愛してる」が長瀬智也さんを主演に日本でリメークされます。

 

そこで気になる原作・韓国ドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじや、どんな韓国ドラマなのかを調査しました。

 

泣ける原作内容から熱狂的ファンが多い「ごめん、愛してる」は要チェックです!

スポンサーリンク

「ごめん、愛してる」韓国版原作の登場人物

 

ムヒョク・・・幼い頃から何度も捨てられた経験を持っているムヒョクは、野良犬のように荒々しく、手を触れればすぐ噛み付きそうな危険な男に思えるが、実は寂しがり屋で誰よりも暖かい心を持っている。 まるで磁石のプラスとマイナスのように、ウンチェと引き合っていく。(日本版では岡崎律役で長瀬智也

 

ウンチェ・・・どんなに辛いことがあっても決してくじけない彼女は、華奢な外見とは裏腹に、常に正義感に燃える正義派。そして、たった一人を根気強く愛し続ける韓国一の純情派でもある。そんな彼女の日常に、一匹野良犬のようなムヒョクがいきなり乱入してくる。韓国の人気歌手・ユンとは幼馴染で、片思いをしていた。(日本版では三田凜華役で吉岡里帆

 

ユン・・・天才的な音感の持ち主を持ち、完璧な環境、才能、性格、外貌、何から何まで完璧すぎる男。ミンジュのことをずっと想い続けてきたが、いつからか兄弟のように育てられてきたウンチェにも恋していた・・・(日本版では日向サトル役で坂口健太郎

 

ミンジュ・・・人気女優であり韓国のトップ歌手の一人でもある。恵まれた家庭で育てられ、怖いもの無しの彼女は、ウンチェとは高校時代からの親友。ユンのことは好きだが、それは「恋」の感情ではない。ある日、そんな彼女の前にすべて謎に包まれた男が現れる・・・(日本版では古沢塔子役で大西礼芳

 

ジヨン・・・親に捨てられた痛々しい経験を持つ彼女は、危険な目に遭った時に自分を守ってくれたムヒョクのことがずっと好きだったが、恋愛より豊かな生活を求め別れた。しがし、その愛が自分にとってどんなに大切なものだったのか、ムヒョクが去った後になってやっと思い知る・・・

 

 

「ごめん、愛してる」韓国版原作のあらすじ

 

韓国からオーストラリアへ、2歳で養子に出されたムヒョク

 

その後、ムヒョクは養父母の家を飛び出し、ストリート・チルドレンとしてチンピラ仲間と共に観光客の金品を強奪して暮らしている。

 

野生児のように育ったムヒョクだが、生きていくために乳飲み子だった自分を養子に出さなければいけいほど貧しかったであろう母親に、親孝行するためにお金を貯めて5年後くらいに韓国に行こうと考えていた。

 

そして5年後、ムヒョクと肩を寄せ合いながら夫婦同然に暮らしていたジヨンが、いつの間にか裏世界を牛耳る年配の白人男性と婚約し、ムヒョクのもとから去っていく。

 

ジヨンとの幸せな日々が突然終わりを迎え、失意の中にいるムヒョク。

 

同じ頃、韓国の人気歌手ユンと女優ミンジュが、オーストラリアにCM撮影しにやって来ていた。

 

ユンの幼馴染で彼のスタイリストで、ミンジュの親友でもあるウンチェも同行してオーストラリアにいた。

 

ウンチェはユンに片思いしており、どんなに好きでも見つめることしかできないユンに複雑な思いを胸に秘めながら撮影に臨んでいた。

 

しかし、ウンチェはユンの視線の先にあるのは、自分ではなく親友のミンジュだと知り、ユンのためにもCM撮影終了後はスタッフらと別に一人で帰国する事にし、ひとりホテルを出てしまう。

 

帰国しようとホテルから一人で出て来たウンチェは、旅行者を狙ったストリート・ギャングに金品・旅券等全て奪われてしまう。

 

身ぐるみをはがされ、途方に暮れながらメルボルンをさまよっているウンチェを、カモと見たムヒョクが接触する。

 

ムヒョクはまとまった金を手にするために、ウンチェを泥酔させ、ウンチェをストリップバーに売り飛ばすのだった。

 

しかし、ムヒョクの仲間が盗んだ品物の中にあったウンチェのパスポートを見て、自分と同じ韓国人として気がとがめ、彼女を連れ戻しに走り、奪われた荷物も取り戻して逃げる。

 

なんとか追っ手から逃げ切ったウンチェとムヒョクだったが、すぐには街に戻ることが出来ず、埠頭で一夜を過ごした。

 

ウンチェが気づかぬ間に、ムヒョクは姿を消しており、ムヒョクにお礼を言えないままウンチェは韓国に帰国する。

 

ウンチェを埠頭に置いたまま、ジヨンと暮らしていたアパートに戻ったムヒョク。

 

部屋にはジヨンから、結婚式の招待状が届いており、ムヒョクは怒りをあらわにしながら結婚式場へと向かう。

 

ジヨンの結婚がおもしろくない気持ちのまま披露宴に出席していたムヒョクだったが、新婚夫婦を狙うスナイパーの姿に気づき、ジヨンの身を守るために飛び出したムヒョクの頭部に銃弾が撃ち込まれてしまう。

 

そしてこれがすべての始まりとなった・・・。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「ごめん、愛してる」はどんなドラマなの?

 

「ごめん、愛してる」は、もともと韓国で2004年に放送され、登場人物のムヒョクやウンチェたちのファッションやセリフが流行るなど、社会現象にまでなった大人気テレビドラマ。

 

また、韓国での視聴率は、日本でも大人気だった韓国ドラマ「冬のソナタ」を抜く、最高視聴率29.2%を記録するほどの話題作となり、「2005年韓国放送大賞」授賞式で最優秀作品賞を受賞しました。

 

「ごめん、愛してる」は今まで、テレビドラマとして2013年にトルコ、2016年にタイでリメークされ、2016年に中国で映画化されています。

 

そして、日本では2017年に長瀬智也さんを主演にドラマ化されます。

 

すでに数カ国でリメークされている「ごめん、愛してる」は、よほど原作が良くて、アジア圏で好まれる内容のドラマなのでしょうね。

 

 

まとめ

 

「ごめん、愛してる」の韓国オリジナルは、熱狂的なファンを数多く生み出すほどの大人気作で、韓国では大きな賞を獲るほど評価の高い作品のようです。

 

しかも、すでに他の国でリメークされるなど、原作の良さは間違いないのでしょう。
日本では人気ドラマが数多く出ているTBSの日曜21時枠の放送で、主演も長瀬智也さんなので、「ごめん、愛してる」は日本でもヒット作になることは間違い無し。

 

ちなみに「ごめん、愛してる」の韓国オリジナル版は、日本でも2005年や2011年のテレビ東京系列で放送されているので、見たことのある人も多いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 - 未分類